SOCIAL WORKER REAL

人と人との
支え合いの輪を
広げながら
支援していくこと。

岡村 真奈さん

船橋市役所
介護保険課勤務(千葉県)

2016年 福祉計画学科 地域福祉コース 卒業
■取得している資格:社会福祉士

1日でも早く必要な支援を届けたい。

大学生活での学びを通して、地域にはさまざまな福祉的課題があると実感したことから、幅広い分野の支援に携わることができる市役所の福祉職を目指しました。現在は、介護保険課の認定調査係で働いています。介護保険の申請を受け、本人やその家族、関係機関と連携しながら、困っていることや身体の状況を聞き取り、自宅・施設・病院への認定調査にうかがっており、介護保険を必要とする方に1日でも早く必要な支援を受けていただけるよう努めています。

相手の気持ちに寄り添って心からの支援を。

この仕事に求められることは、行政という立場にいながら、いかに本人や家族の希望に寄り添えるかどうか。「市役所は何もしてくれない、分かってくれない」とお叱りを受けたこともありますが、あるケースでは改めてヒアリングを行い、利用できるサービスや手段を調べてご提案したことで「家族の介護負担が軽減されて、前より楽になりました。本人も安心して生活しています」という感謝のお手紙をいただくことができました。とてもうれしかったのと同時に個々に合わせた対応を考えることの大切さを学びました。また、失敗も含めて全ての経験から学ぶことがたくさんあり、支えるだけでなく、自身も支えられていることを実感できました。

マニュアルにないことでも自らが考えて臨機応変に対応していく。

ソーシャルワーカーは、幅広い分野の知識を持つジェネラリスト。そのため、相手の立場に立って考えたり、自分で考えて臨機応変に対応する力が必要だと感じます。また、申請から認定結果を出すまでの流れは同じでも、対象者の状況によってはマニュアルにない対応が求められます。福祉の分野での“正解”は、ケースごとに異なります。それぞれの人の正解に少しでも近づくことができるよう、知識や経験を増やし、支え合いの輪を広げていくのが今後の目標です。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

高齢者福祉分野の先輩をもっと見る
ページトップに戻る