SOCIAL WORKER REAL

福祉の魅力を伝えて現場で輝く人を増やし
これからの社会福祉を
支援していくこと。

宮嵜 彩加さん

東京都社会福祉協議会
東京都福祉人材センター勤務(東京都)

2016年 福祉計画学科 地域福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、精神保健福祉士

これから福祉の世界へ飛び込む方へ福祉の仕事の魅力を伝える。

東京都社会福祉協議会の東京都福祉人材センターで、学生や再就職に向けてスタートしようとしている方々を対象に、福祉分野の求人紹介や、資格取得や就職活動についての相談業務を担当しています。ひと言で「福祉の仕事」といっても、児童養護、高齢者介護、地域支援など、分野は多岐にわたります。また、福祉の仕事を初めて検討される方も多いため、「福祉=介護」と思われがちです。そのため、福祉の仕事の魅力ややりがいをより多くの方に感じていただけるような、セミナーや職場見学会といったイベントの企画・実施も行っています。

イベントや職場見学会を通じて働くイメージを膨らませてもらう。

どのようにしたら、福祉の仕事の魅力が相手にストレートに伝わるのか、そもそも自身は何を伝えたいのか…。特に、イベントを企画・実行するたびに頭を悩ませます。そのようななかでも、やりがいを感じる瞬間もたくさん訪れます。福祉の仕事を始めてみたいと人材センターを利用の求職者から「福祉の仕事の内容を全く知らなかった。ここに来て福祉の仕事を幅広く知ることができて良かった」と聞かせていただいたり、職業見学会に参加された方に「もっといろんな現場を目で見て知っていきたい」などと言っていただけることが、今の一番の喜びです。

求職者が福祉の現場でいきいきと輝くために自らの知識と経験を積み上げる。

日々の業務で心がけていることは、より多くの方に福祉の仕事に関心を持っていただき、「人と関わる仕事って、こんな魅力があるんだ!」と感じてもらえるよう働きかけることです。福祉の仕事だけでなくどの仕事でも言えることですが、ご本人がいきいきと働いて初めて、仕事=支援の質を高めることができると思います。求職者が福祉の現場で活躍していただくために、私も頑張らなければならないことがたくさんあります。福祉職の仕事内容や必要な資格に関する知識をより多く提供することはもちろん、人材センターに来られる方がどんな思いを持ち、何を求めているのか見極めていく能力を身につけることも、私のこれからの課題です。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

地域福祉分野の先輩をもっと見る
ページトップに戻る