福祉計画学科:
地域福祉コース

地域福祉を推進するリーダーを目指す

コースの特長

1.地域福祉の現状を広い視野で学んでいく

本コースでの学びは、地域福祉計画論、コミュニティ・ソーシャルワーク論、福祉教育論や住環境支援の技法が中心。福祉を動かしている、①マクロとしての社会システムや制度、②メゾ(中間集団)としての家族や地域の環境、③ミクロとしての個別援助の3つの視点・領域での考え方を学びます。

2.新しい福祉環境を推進するリーダーを目指す

地域福祉の現場では、保健・医療・教育・司法・労働・建設などの分野との連携が不可欠です。地域福祉の現状を学び、福祉ニーズを持つ人の在宅生活の可能性から新しい福祉環境づくりを考え、地域福祉の活性化に貢献できるリーダーとなる人材を育成します。

主な職場・職種

  • 公務員(福祉職・一般行政職)
  • ボランティア・コーディネーター
  • 地域包括・在宅介護支援センター職員
  • 高等学校福祉科教員

履修モデル

地域福祉計画履修モデル

自治体の福祉計画をもとに、高齢者や障がいのある方が地域で自立した生活を送るための施策を学習。サービス提供のシステム、医療などの他分野との連携、住民参加による地域福祉計画づくりについても学ぶ。

コミュニティ・ソーシャルワーク履修モデル

支援を必要とする人のニーズを把握し、地域の福祉サービス・制度と結びつけていく福祉計画の具体的な手法を学ぶ。保健・医療機関との連携、新サービス開発、市民の福祉意識の向上についても取り上げる。

在学生 VOICE

先生や仲間から刺激を受け
資格取得にもチャレンジ!

オープンキャンパスで訪れた際に大学の落ち着いた環境に触れ、勉強に集中できそうだと感じ、大学案内にあった福祉の資格にもチャレンジしたいという思いから入学を決めました。講義は情報量が多く有意義な話ばかりで、1年次から専門分野を勉強できることには驚きました。特に、ろう者が日常生活で行っている工夫を“ろう文化”と呼ぶ福祉独自の考え方が新鮮で、「これぞ福祉大学の学びだ!」と感じました。多くの学生が意欲的に学んでいるので、発表やグループワークでもたくさんの刺激を受けています。入学前からの目標だった資格の勉強も、指定科目を履修して興味を持って学んでいけば、焦ることなく十分対応できるのも魅力です。

谷垣 健斗さん

福祉計画学科 地域福祉コース3年
東京都立日野台高等学校 出身

わたしが選んだゼミ
「教育福祉と福祉教育実践」

人物写真 対談 人物写真

田村 真広教授

  • 担当科目:教育原料、福祉科指導法、福祉科教育実習 他
  • 研究テーマ:教育福祉と福祉教育実践、学校カリキュラムの歴史と理論、福祉科学習指導論

学生が調べた活動報告や資料はゼミの財産!
学生同士の熱い議論から“本当の学び”へ。

谷垣さん

2年次前期の必修科目で田村先生から福祉と教育について学んだことで、私も自分の興味あるテーマを自分なりに掘り下げ、4年間の集大成として卒業研究にまとめたいと感じるようになり、先生のゼミを志望しました。

田村教授

ゼミでは学生の興味に沿ったテーマを取り上げます。今年は「いじめ問題」で、実際の調査報告書をもとにいじめ防止プログラムを議論しましたね。また、学校でも自宅でもない「居場所づくり」への関心も高かったです。

谷垣さん

議論を通じて問題意識を発展させることができました。居場所支援は、大学の仲間と団体「たこやきぱらだいす」を立ち上げて立川市で活動しています。見守りが必要な子どもたちと接する中でゼミの学びを活かせました。

田村教授

学生にとっていじめ問題は自分事です。議論での熟考から自分の過去を振り返り、終止符を打つ作業も伴っていたはずで、私はこれが本当の学びだと思っています。さらに谷垣さんは実際の活動まで起こしているんですね!

谷垣さん

そうなんです。その活動で運営側の課題を見つけたので、ゼミでの学びを活かしつつ、行政や学校の立場でも考えてみたいです。多方面の視点から「居場所」をどうやって創り上げていくのか。卒業研究で考えていきます。

田村教授

谷垣さんをはじめとするゼミ生が持ち寄る活動報告や資料は、このゼミの重要な資源であり、財産です。卒業生の卒業論文や私が独自に開拓したフィールドもどんどん活かして、谷垣さんらしい卒業研究にまとめてください。

学部・学科・コースNAVI

社会福祉を学ぶ 2 つの学科と 5 つのコースをご案内します。

ページトップに戻る