社会福祉学部

明日の福祉の担い手はここから

福祉計画学科福祉は社会を変えられる

福祉援助学科福祉で人を支えていく

社会福祉学部の教育のねらい

社会の状況に合わせて、人間の行動や心、地域社会などについての関連学問を総合的に学び、研究し、高いモラルと豊かな思考力・感性を育みます。社会福祉分野の実践に必要な基本的な心構えと知識・スキルを卒業までに身につけるため、少人数教育により豊かな人間性と深い教養を学びます。高度に多様化し、専門化する社会福祉の全体像をつかむことのできる教育方法により、全員が計画的に社会福祉士国家試験受験資格を取得できるカリキュラムを基本としています。
また、進路選択に応じて、必要な他の資格取得にも柔軟に対応できるようにカリキュラムが組まれています。講義・演習に加えて、学校の内外での実習体験を重ねることで、周囲の多くの人々と協力し合いながら、積極的に学びを深め、社会の抱えるさまざまな課題を解決できる幅広い能力を養うことを目指しています。

学びの特長

最先端の研究を授業に反映

社会福祉学の専門家はもちろん、新たな分野や最新の研究をしている専門家による教育を展開。社会の変化に対応した最新の研究や実践活動が教育の場に反映され、多職種連携やコミュニティソーシャルワーク、高齢者や障がいのある方の権利擁護など、幅広い課題に触れることができます。

多彩なチャンネルで実践に触れる

ソーシャルワーク実習を全員が受けることに加えて、各資格課程でも実習が行われます。また、ゼミごとの見学や調査、実践への参加も積極的です。さらに、聴覚障がいのある学生への情報保障のノウハウを学内で学び実践しています。ボランティアやアルバイトでも実践的な体験をすることができます。

学部長メッセージ

是非、ソーシャルワーカー養成の
息遣いに触れてみてください。

蒲生 俊宏
社会福祉学部長
筑波大学大学院博士課程心身障害学研究科中途退学
国立秩父学園(国立知的障害児施設)
指導課(厚生教官・児童指導員)
日本社会事業学校専任教員(実習主任)を経て
日本社会事業大学社会福祉学部教員

「社会の福祉誰(た)が任ぞ 忘我の愛と智の灯(ともし)捧げん世紀来りけり」、「冷たき 熱き争いの 上なる平和憧れて行くは民主の道直(す)ぐに」。本学校歌からの抜粋です。前節では warm heart と cool headの交差を軸とするソーシャルワーカーの基本理念が、後節では万人にとって不変の価値への覚悟が謳われています。本学は、戦後の貧困、児童、女性等の見過ごされてはならない社会問題に関わる専門職養成の萌芽として誕生しました。ある先輩は、国の担当課長として従来の踏襲を破り、当時過激と言われていた障害者当事者組織と正面から対峙して共に障害者の経済保障の基盤を作ってきました。私たちの仲間に加わり、是非こうしたソーシャルワーカー養成の息遣いに触れてください。まず、本学における就職状況を確認してみてください。入学者全員に一人残さず社会福祉士実習を課し、学生たちが現場との往復から最大の学びを得ていることを、その数字は示しているはずです。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

建学の精神を体現する優れたソーシャルワーカーとして以下の能力を身につけ、本学の学則に基づく所定の単位を修得したものに学位を授与します。

  • ソーシャルワークに関する基礎的な価値、知識、技術を学び、卒業後ソーシャルワーカーとして実践をしていくために必要な以下の基本的な力を身につけている。

    • すべての人にとって、尊厳が保持され自立した日常生活を営むことのできる社会の実現に貢献することへの強い動機と意欲があり、その達成に対する使命感を有している。
    • 基本的人権を尊重する価値観を有し、社会的公正に対して強い関心を有している。
    • 社会が直面する問題に対して、論理的かつ科学的思考にもとづき解決していく力がある。
    • 一人ひとりが直面している問題を理解し、直接的あるいは間接的な関わりを通してその人自身が問題を主体的に解決することをサポートしていく力がある。
    • 自己とは異なった価値観を持った利用者を理解し、受容するために自己の価値観と向かい合う自己覚知があることにより、異なる価値観を尊重することが出来る。
  • 人文科学・社会科学・自然科学の諸科学についての理解が深く、豊かな教養を身につけている。
  • 卒業後、自らの特性を活かした専門職となり、生涯にわたり研鑽を積みキャリアを形成していくとともに、絶えず自らの実践を振り返り、新たな実践を創造していく力がある。
  • 将来、多様な専門職と連携し、社会福祉領域において指導的役割を担うことの社会的責任を理解している。

カリキュラムポリシー

社会福祉学部では、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成しています。

  • 社会福祉に関する価値、知識、技術を体系的に学ぶための、講義、演習、実習に関する科目を設置する。
  • 社会福祉専門職としての能力や姿勢を育成するため、実習と卒業研究を必修とする。
  • 人格の形成と豊かな教養を身につけるため、人文科学、社会科学、自然科学の基礎に関する科目を設置する。
  • 演習および実習教育は少人数制とし、きめ細やかな指導により社会福祉の実践力を養う。
  • 全員が社会福祉士国家試験受験資格を得るとともに、進路選択に応じてさらなる資格取得ができる科目を設置する。

以上の教育について、学生の状況に応じた情報保障やコミュニケーション支援を行い、誰もが支障なく教育を受けることができる環境の整備に努めます。

アドミッションポリシー

社会福祉学部は、建学の精神と教育理念および目的に応じ、選抜試験における教科・科目を設定しており、以下のような人の入学を求めています。

  • 勉学のために必要な基礎的学力を充分に備え、主体的に学ぶ意欲がある。
  • 建学の精神を理解して、現代社会の問題に向き合うことができる。
  • 誰もが安心して暮らせる社会を構築していこうとする意欲がある。

社会福祉学部では、国内外から多様な文化や特性、障がいを背景に持つ学生にも広く門戸を開けています。

社会福祉学部:福祉を学ぶ2つの学科

社会福祉学部には「福祉計画学科」と「福祉援助学科」の2つの学科があり、重点的に学びたい内容や将来の目標のためにより適した内容を学ぶことができます。

社会福祉サービスに関する計画と
経営を学び、共に生きる
地域社会づくりへの貢献を目指す

法学、経済学、社会学、教育学などの社会諸科学を基礎とし、これからの社会福祉政策、福祉サービス事業の経営、地域福祉などを学び、さらに子どもや貧困にまでアプローチします。社会福祉の各種専門職として、共に生きる地域社会づくりに貢献できる人材を育てます。

福祉経営コース

地域福祉コース

目指す人材

  • 地域福祉を通して自分らしい暮らしをつくる人材
  • 福祉の視点で地域社会づくりを進める人材
  • 社会福祉法人や福祉系企業、NPOの経営に携わる人材
  • 福祉専門職の立場から福祉行政を担う人材
  • 学校や社会福祉協議会で福祉教育に携わる人材
  • バリアフリー環境の実現・開発に携わる人材

コース別履修モデル

福祉経営コース

  • 福祉経営履修モデル

地域福祉コース

  • 地域福祉計画履修モデル
  • コミュニティ・ソーシャルワーク履修モデル

取得できる資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格※
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • 特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)
  • 認定スクールソーシャルワーク(教育課程指定科目)
  • 社会福祉主事(任用資格)※
  • 身体障害者福祉司(任用資格)※
  • 知的障害者福祉司(任用資格)※
  • 児童指導員(任用資格)※

※全員が卒業と同時に取得する資格

主な職場・職種

  • 公務員(国家・地方自治体)
  • 福祉関連企業
  • シルバーサービス企業
  • 社会福祉法人
  • 社会福祉協議会福祉活動専門員
  • ボランティア・コーディネーター
  • 地域包括支援センター職員
  • 高等学校福祉科教員
  • 福祉機器・サービスの開発
  • 特別支援学校教員(ろう学校・盲学校含む)
  • スクールソーシャルワーカー 他

支援を必要としている人をサポート
するための価値・倫理や理論、
専門的技術を習得する

介護が必要な方や家庭内に問題を抱えている方などの生活の問題の解決に向けサポートしながら、より良い生活を実現するために必要な理論や専門的技術を習得します。人を好きになる心を育みながら、その人の力を引き出す技法を身につけ、福祉現場のリーダーとなる人材を育てます。

保健福祉コース

子ども・家庭福祉コース

介護福祉コース

目指す人材

  • 子どもの健やかな成長を支援する人材
  • 病気や障がいのある人たちを支援する人材
  • 高齢者の活力ある生活を支援する人材
  • 介護を通して生きる力の回復を支援する人材
  • さまざまな問題に悩む家庭を支援する人材
  • いじめや不登校への支援を構築する人材

コース別履修モデル

保健福祉コース

  • 高齢者履修モデル
  • 障害者履修モデル
  • 医療福祉履修モデル
  • 精神保健福祉履修モデル
  • 特別支援教育履修モデル

子ども・家庭福祉コース

  • 子ども・家庭福祉履修モデル
  • 児童ソーシャルワーク履修モデル
  • 保育士履修モデル
  • 子育て支援履修モデル
  • スクールソーシャルワーク履修モデル

介護福祉コース

  • 介護福祉履修モデル

取得できる資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格※
  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 保育士
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • 特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)
  • 児童ソーシャルワーク課程(修了認定)
  • 認定スクールソーシャルワーク(教育課程指定科目)
  • 社会福祉主事(任用資格)※
  • 身体障害者福祉司(任用資格)※
  • 知的障害者福祉司(任用資格)※
  • 児童指導員(任用資格)※

※全員が卒業と同時に取得する資格

主な職場・職種

  • 公務員(国家・地方自治体・保育士)
  • 生活支援員
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 介護職員(ケアワーカー)
  • 生活相談員(ケースワーカー)
  • スクールソーシャルワーカー
  • 児童福祉司
  • 家庭児童相談員
  • 児童相談員
  • 介護支援専門員
  • 特別支援学校教員(ろう学校・盲学校含む)
  • 高等学校福祉科教員

カリキュラム

1・2年次では幅広い知識や技術を身につけ、3年次でコースを選択、目標を絞る

社会福祉を体系的に学ぶ体制を確立。全員が社会福祉士国家試験受験資格を取得するとともに、精神保健福祉士国家試験受験資格や保育士など、ほかの資格の取得も含めて柔軟に学習を組み立てられるように配慮しています。社会福祉士となるための実習を行うので、3年次進級の際には一定の履修要件を課しています。3年次よりコース登録を行い、コースに分かれて学びます。また、各コースには履修モデルを設け、目指す進路に合った履修指導を行っています。

  • 「保育士課程」及び「介護福祉コース」は1年次に登録を行います。

4年間の学びの流れ

1年次 知る

2年次 深める

3年次 実践する

4年次 仕上げる

まずは教養科目を中心に学び基礎学力を身につける。専門科目への導入として、少人数の演習形式の授業も1年次からスタート。

社会福祉の専門科目が増えるとともに、演習を通して実践的な知識・技術を身につけていく。コース選択ができるよう目標を絞る。

各学科・コースの特長に基づき専門知識を深めていく。教員の専門テーマで選ぶ専門演習が必修に。実習も履修モデルに合わせて実践的に行われる。

大学教育の総仕上げとして論文、実習報告書、調査報告書のいずれかを作成。卒業後の進路計画を立てるとともに、社会福祉士国家試験に備える。

学部共通科目

1年次 2年次 3年次 4年次
アカデミック・
プランニング
アカデミック・プランニングⅠ
アカデミック・プランニングⅡ
一般教育
科目群
  • 外国語科目(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・日本手話・アメリカ手話)
  • 教養科目(社会の認識と国際理解・人間の知性と感性の認識・科学的思考と自然の認識)
  • 教養基礎演習(社会の認識と国際理解・人間の知性と感性の認識・科学的思考と自然の認識)
  • 健康スポーツ
  • 健康科学
  • 情報科学
社会福祉士
国家試験指定科目
心理学/社会学と社会システム 社会福祉原論Ⅰ
ソーシャルワークの基礎と専門職Ⅰ
ソーシャルワークの基礎と専門職Ⅱ
ソーシャルワークの理論と方法Ⅰ
地域福祉論Ⅰ
法学(権利擁護を支える法制度)A
法学(権利擁護を支える法制度)B
医学概論/社会福祉調査の基礎Ⅰ
ソーシャルワークの理論と方法Ⅱ
ソーシャルワークの理論と方法Ⅲ
地域福祉論Ⅱ/社会保障論Ⅰ
高齢者福祉論/障害者福祉論Ⅰ
子ども家庭福祉論Ⅰ
保健医療と福祉
社会保障論Ⅱ
貧困に対する支援
刑事司法と福祉
社会福祉原論Ⅱ
ソーシャルワークの理論と方法Ⅳ
福祉サービスの組織と経営
演習
ソーシャルワーク演習Ⅰ/
ソーシャルワーク演習Ⅱ
専門演習/
ソーシャルワーク演習Ⅲ
実習指導
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
実習
ソーシャルワーク実習Ⅰ
ソーシャルワーク実習Ⅱ
卒業研究
卒業研究
[1]論文
[2]実習報告書
[3]調査報告書
※[1][2][3]のいずれかを選択

学科別必修科目、履修モデル

学科必修科目 学科必修科目
福祉計画
学科
福祉経営コース
2年次
福祉と法(行政法)
福祉教育論
3年次
地域福祉計画論
地方自治論
福祉計画とデータ分析
福祉経営履修モデル
地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
コミュニティ・ソーシャルワーク履修モデル
福祉援助
学科
保健福祉コース
  • 高齢者履修モデル
  • 障害者履修モデル
  • 精神保健福祉履修モデル
  • 医療福祉履修モデル
  • 特別支援教育履修モデル
子ども・家庭福祉コース 子ども・家庭福祉履修モデル
保育士履修モデル
スクールソーシャルワーク履修モデル
児童ソーシャルワーク履修モデル
子育て支援履修モデル
介護福祉コース 介護福祉履修モデル

資格取得、キャリア支援

1年次

2年次

3年次

4年次

キャリアガイダンス

キャリアガイダンス

分野別就職ガイダンス
内定者報告会
就職活動実践セミナー
法人合同就職説明会

分野別就職ガイダンス
模擬面接
模擬試験
法人合同就職説明会

[その他] オリエンテーション/個人面談/国家試験対策講座/卒業生紹介

  • 年次問わず、随時、進路・就職相談を実施しています。

実習教育

実際のソーシャルワークなどを想定した実践的な授業により、座学で学んだ理論・知識を福祉の現場で活かせるようにします。

実習教育専門の講師による指導で、専門職にとって重要なスキルを養う

ソーシャルワーク実習

「社会福祉士」はソーシャルワーカーになるために必須とされる資格。受験資格を得るため、1年次からカリキュラムが組まれ、240時間以上(約32日間)のソーシャルワーク実習を行います。

目指す資格社会福祉士

ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
2年次
ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
3年次
ソーシャルワーク実習
2年次(60h)・3年次(180h)
ゲストスピーカーによる講義、総括レポートの作成等を通じて、社会福祉士に求められる知識や技術を実践的に学び、理解を深め、自己の学習・実践・研究課題を明確にします。 ソーシャルワーク実習の意義・知識・技術を具体的かつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得。社会福祉士として総合的に対応できる能力を習得し、専門的援助技術を体系立てます。 ソーシャルワークの実践的な技術や、社会福祉士として総合的に対応できる能力を習得。他の専門職との連携を具体的に理解しながら、自身の専門職としてのありかたを考えます。

資格課程などの実習(選択)

社会福祉士に加えて各資格取得のための実習があります。資格課程の登録に関しては、資格課程オリエンテーションにて詳しい説明が行われます。

  • 介護実習

    大学が指定する介護高齢者施設、障がい者支援施設、訪問介護事業所において段階的な実習を1〜4年次で行います。実習では利用者の尊厳を支える理念のもと、要支援・要介護状態の方の自立支援となる生活支援技術の実践力を身につけます。

    目指す資格介護福祉士

  • 精神保健福祉援助実習

    精神保健福祉士の専門的役割と業務について理解を深めるため、精神科病院および地域支援施設などで実習を実施。精神障がいのある方たちをめぐる地域社会や、人権問題の実態に触れながら、専門家としての自覚に基づいた行動がとれるよう成長することを目指します。

    目指す資格精神保健福祉士

  • 保育実習

    (1)事前訪問、(2)見学実習、(3)参加実習、(4)責任実習(指導計画作成)の段階があります。保育全般に参加しながら子どもの個人差を理解して対応する方法、子どもの家族との関わり方などを学びます。また保育士に求められる資質・技術・能力を考えて自己の課題を明確にします。

    目指す資格保育士

  • 福祉科教育実習

    実習の目的は、(1)教員の職務の大要をつかむ、(2)教科指導、生徒指導などに必要な能力を身につける、(3)高校生の実態に触れる、(4)学校運営を知ることです。事前に学習指導計画を立てて教育実習に臨み、実習後はレポート作成と報告会を通じ実習生活と研究授業を振り返ります。

    目指す資格高等学校教諭一種免許状(福祉)

  • 特別支援学校教育実習

    特別支援学校で教育実習を実施。肢体不自由、知的障がい、聴覚障がい、視覚障がいなどのある児童・生徒の教育に携わるために必要な知識と技術を身につけ、特別支援学校の教師のほか福祉施設で障がいのある子どもに関わるソーシャルワーカーとなる人材を目指します。

    目指す資格特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)

  • 子ども・家庭ソーシャルワーク実習

    自分の関心のある施設で20日間の実習を行います。実習先は、子育て支援系、虐待対応施設系、スクールソーシャルワーク系、発達障がい系(障がい児通園施設など)、自立支援・地域支援系(自立援助ホームなど)、司法福祉系(弁護士事務所など)、子ども医療系に分かれています。

    目指す資格児童ソーシャルワーク課程(修了認定)

  • スクールソーシャルワーク実習

    実習先は学校現場を基本とし、学校内外の教育機関で実施。子どもおよび家族の生活上の困難を把握して、問題解決のための方法と子どもの権利擁護について、さまざまな観点から検討します。また、スクールカウンセラーなど、地域の諸機関との連携・協働についても学びます。

    目指す資格認定スクールソーシャルワーク(教育課程指定科目)

  • 医療ソーシャルワーク実習

    医療ソーシャルワーカーの役割と業務について理解し、各医療専門職種との連携方法を具体的に理解します。また、地域における病院の機能をふまえ、各関連施設等との役割分担や連携の課題と、医療ソーシャルワーカーの役割を検討し、自身が成長するための学習課題を明確にします。

  • 福祉計画インターンシップ

    福祉計画学科の学生向けに開講。行政機関、社会福祉協議会、NPOをはじめとした公益法人、民間企業にてインターンシッププログラムに参加し、それぞれの専門業務に携わる人々が仕事の中で考えていることに触れながら、仕事の大変さと面白さを体験し、自らの成長につなげます。

  • 児童ソーシャルワーク課程は、本学独自の課程で、本学の児童ソーシャルワーク課程修了の認定を受けることができます。
目指す
資格・就職先
介護実習 精神保健
福祉援助
実習
保育実習 福祉科
教育実習
特別支援学校
教育実習
子ども・家庭
ソーシャル
ワーク実習
スクール
ソーシャル
ワーク実習
医療
ソーシャル
ワーク実習
福祉計画
インターンシップ
介護福祉士 精神保健
福祉士
保育士 高等学校教諭
一種免許状(福祉)
特別支援学校教諭
一種免許状
(聴覚障害者)
児童ソーシャル
ワーク課程
(修了認定)
認定スクール
ソーシャルワーク
(教育課程指定科目)
医療
ソーシャル
ワーカー
1年次
  • 介護実習Ⅰ(12日間)
2年次
  • 介護実習Ⅱ(23日間)
3年次
  • 介護実習Ⅲ(6日間)
  • 精神保健福祉援助実習(3・4年次30日間)
  • 保育実習ⅠA(11日間)
  • 福祉計画
    インターンシップ
    (3〜4年次いずれか5〜10日間)
4年次
  • 介護実習Ⅳ(17日間)
  • 保育実習ⅠB(10日間)
  • 保育実習Ⅱ(10日間)
  • 高等学校教育実習(2週間)
  • 特別支援学校教育実習(2週間)
  • 子ども・家庭ソーシャルワーク実習(20日間)
  • スクールソーシャルワーク実習(10日間)
  • 医療ソーシャルワーク実習(10日間)

学部・学科・コースNAVI

社会福祉を学ぶ 2 つの学科と 5 つのコースをご案内します。

ページトップに戻る